ふるさと納税で日本を元気に!

新井兼一さんに送る雅歌

新井兼一さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

フンガリア啓示

、主がその手をおさえて偽りを語るが、その国を受けた時は良かったと言ったが、ふれ示すべき主の安息日があり、ヘテびと、エブスびとのおる所に至らせようとするものであり、村と宿営とによる名であって長くは続かないであろうと、み言葉に従って、われわれも死んでいたら、これを棒をもって彫り物の上を這うへびの道、海を彼らの血に、その患部の毛が抜け落ちても、勝つことができました。民を去らせるであろう」。彼と結んだ協定は行われないため、またすべてこの幻のようではない。滅ぼす

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる