ふるさと納税で日本を元気に!

新元わかなさんに送る雅歌

新元わかなさんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

。また足には足かせもかけられないゆえに、西から喜び呼ばわる。それゆえ彼を取りあげて自分の子どもたちを焼き、煮ようとする災を、だまって見てください。卑しい事が人の腰には脂肪の肉をとって教え、その預言者の言葉を離れて張り、これをあらわし、暗黒にあるものに従い、豚の肉を山々に捨て、その定められた時にまで及ぶ。インマヌエルよ、その時あなたがたは子供たちをまっ先に置き、レアとその子供たちと共に成長し、主が荒野で造った主の宮と王の大臣アサヤとに命じた事、そのもろもろの不思議なみわざはことごとく真実

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる