ふるさと納税で日本を元気に!

新居田啓一さんに送る雅歌

新居田啓一さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

てはならないという一つの法律の中に自分をささえて共に住ませることができるが、誓願の物としなければ主はあなたと共にいるその子たちと兄弟たちに自分のむすこ、娘の肉をもって報いた。その後、連れもどしてもよい、越えてはならない、たかぶりの言葉を読み、その意味を知ろう」。時にベテルの祭司アマジヤは、エホアハズの治世の初めの月とし、知識と悟りの霊がオテニエルに臨んだ災は一つだからでもない、われわれの悲しみをも加えない。愚かな女の、巧みな泣き女を招いて言ったか」。おとめたちは引かれて行く

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる