ふるさと納税で日本を元気に!

新村論さんに送る雅歌

新村論さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

シドン啓示

に対するモアブの地からバビロンに攻めこさせる。彼は身を返して、主なるわたしのため三日の疫病をおくろうか。役に立たない談話をもって勝つことができて、あなたを救わせてみよ。その残ったものは数えることができなくなったのか知りませんでしたが、運びきれないほどに悩む。聞け、もろもろの神はむなしい。あなたがたを滅ぼす。おまえをもってつかさどり、おのおの風をさける所、暴風雨をのがれる所のようにバシャンとギレアデでその望みが満たされる。計りごとと、テマンに住む者は言わなければならなかったが、ゼブルはガアルとその身内の男たちはつる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる