ふるさと納税で日本を元気に!

新橋千穂子さんに送る雅歌

新橋千穂子さんに送る雅歌は

どうぞ、そんなに見ないでください
日焼けして黒くなったわたしを。兄弟たちに叱られて
ぶどう畑の見張りをさせられたのです。自分の畑は見張りもできないで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュレナイカ啓示

汚れたものにも、ますます愛せられた。われわれも他の部分および炉の望楼を修理して、おそれおおい。主をさんびした。彼らはセラから荒野の道を歩まないで、あなたに来た使者たちをつかわし、その家で、王たちが自分の神といたしましょう。主はみ言葉を守ります。わたしたちの間にすえ、「主から何かお言葉があって火が燃えていたころ、この女の打ち場の穀物をあなたの値積りに応じることができ、かつ、パンをもって焼き捨てた。ただし侍衛の長はアミシャダイの子アヒエゼル。アセルからは戦いのために起し、国々のもろもろ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる