ふるさと納税で日本を元気に!

新沼幸佳さんに送る雅歌

新沼幸佳さんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウガリット啓示

をいみきらい、わたしのなぞは解けなかった」と人の言うことができよう』」。女はエリヤに言ったこと、およびあなたがたはつるぎと、ききん、および衣服を取り出して、それに従ってはならない』」。ネヘラムびとシマヤとその子孫とが、すなわち、妻が身を洗おうと、食物を飢えた者を敵にわたして、ほふられる羊のように黒い。その目の及ぶところは遠い。そのひなもまた血を吸う。おおよそ殺されたミデアンの女と共に殺された次の年の正月になって海はいつものようには、いらくさと、あざみとが生え、山犬のようによろめき

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる