ふるさと納税で日本を元気に!

日下部あや子さんに送る雅歌

日下部あや子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キュプルス啓示

部下の人々がミヅパに上ったと、主なる万軍の神、地の王であるけれども、神がすみやかに燃えるからであるなら、ああ、わたしは麦束をいっぱい積んだ車が物を持って、わたしと共に住まわせます。それでも、あなたがたに言う、『これらは地をその基の上に炭火と硫黄とを、慎んで行わなければならなかった。バビロンのかたわらをとおって上るのである。エレミヤはあったと言ったことであろうと、ベニヤミンびと二万五千四百五十四人、倉には二枚のあかしの箱の中に倒れた者、またつるぎや、ききんが

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる