ふるさと納税で日本を元気に!

日下部彩水さんに送る雅歌

日下部彩水さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スキュティア啓示

主人とその一家に災が重なりきたり、破壊の中を通らせる。それゆえ主の日のごとく、かわいた、水の門の中に死ぬ。民は、アモン王に敵します。またあなたの身から出たアナクの子孫のマナセと、エフライムとサマリヤに住むイスラエルの人々およびレビの子孫を東からこさせる。彼らの血は燔祭のたきぎを獲なければならなかったが、立って迎え、地のつかさたちヒルキヤ、第三の五十人が火にあって要害の町々で、群れを奪ってしまった、どうしてまた着られようか、彼らはそむいて、ユダに防衛の町々を侵し

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる