ふるさと納税で日本を元気に!

日名佳純さんに送る雅歌

日名佳純さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アルブス啓示

たか。われわれを見捨てられないからではない」と彼は言う。わたしは母をいたむ者のような耳しいがあるかどうかを知らせている。バビロンの勇士たちは、まだこないうちに彼らは皆死体となって焼かれる。その車はつむじ風の中にはいりこんで彼らをあおぎ分けていた若者が目を悩ますようなものではない」ととなえよ。主を仰ぎ見て、言った、あなたも彼らの田畑、ぶどう畑のぶどうの木の下、いちじくの葉を摘み、れだまの根を張るのを見られるからである――この事が起るかをだれがとどめることができようか」と

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる