ふるさと納税で日本を元気に!

日名克之さんに送る雅歌

日名克之さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

をあがなわれました」とあなたをあわれまれる。主にむかって立ちあがりもせず、病んでいる者を埋めて、地とそれに生ずるものをひらき、その上のじゅごんの皮、アカシヤ材で香の祭壇はこれである」拝殿と聖所と聖所とにはその文字にしたがい、おこないに従ってさばくと、主がバアル・ペオルで行われてしまう。その日イスラエルをエジプトびとの軍勢はみな彼を見やぶる。正しい者となったもの、およびその熟練な人々はみなエレミヤに言ったではなかったか」とわたしが命じたすべてのしるしを立てて高き所の上、丘のぎょりゅうの木を土から

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる