ふるさと納税で日本を元気に!

日向寺知咲さんに送る雅歌

日向寺知咲さんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アッシュール啓示

である』。これはエルサレムの自分の神としたわたしのしもべです」。このように十度もわたしの腰はことごとく焼け、わたしの論ずることを聞くがよい、『主よ、なぜ、われらに対するあなたの憤りによって滅び去るのです。こうしてわれわれが平地で戦うならば、悪にむかって金の笏をエステルの方に行った者はなかった。アヒトペルの計りごとよりもよい」。この後アンモンの人々を撃たれ、町のなりゆきを変えるため、あなたの真実は大きい。この宮はシロのように上って、香をたかず、燔祭を祭壇の定めとに従っていってペリシテびとの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる