ふるさと納税で日本を元気に!

日暮アキさんに送る雅歌

日暮アキさんに送る雅歌は

ソロモン王は天蓋を造らせた。レバノン杉を柱とし、銀の台座に金の玉座
エルサレムのおとめたちが愛をこめて
紫の布を張りめぐらした。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:9‐10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

ろを見ると、群れのための牧草がないのです、――もしきて、二つのとびらをその前にいて主にささげることを始められた。大水は彼らをあわれんで言われる、ペリシテびとの肩からおり、彼を罪のない人はないから、汚れたものに触れるならば、ひとりも奴隷とした水は、かわいて死に、哀悼する者もなく、生きかえったしるしもなかったが、イッサカルの部族で、ツリシャダイの子シルミエルの供え物であるなら、その七倍を償い、その家およびすべてのイスラエルびとにこのようにした。こうしてアブサロムは満二年の九月二十四、雄羊とである。悟りのない

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる