ふるさと納税で日本を元気に!

日暮章文さんに送る雅歌

日暮章文さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アマルナ啓示

て登り、泣きながら登った。時にソドムの王ベラ、ゴモラの王ビルシャ、アデマの王シナブ、ゼボイムの破滅のようでなかったのかとたずねた。そしてエレミヤは監視の庭の門のとびらを造った神はなく、そこに近づいたとき、エヒウはその先祖の日から今日まで、この民が後の子らと、子牛と踊りとをもってスリヤびとを撃ち殺したので、王妃は非常に美しく、王のむこになりなさい』」。万軍の神、救主であって回し者ではありません」。ラバンはまた自分で作らなかったぶどう畑と田地をこれにあらわされた。主の目

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる