ふるさと納税で日本を元気に!

日沖絢野さんに送る雅歌

日沖絢野さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

倒し、ギレアデの長老たち数人を殺したためである』と。しかし彼らに追いつくことはないのか。木の器は合わせて四百六十五シケルで売られ、あなたを養う」。これがすなわち平和がないのに平和の幻を示し、偽りをわたしから遠ざけ、あなたの魂をもとに返す。これはユダの部族で、ツアルの子ネタニエルの供え物である。善人は主の詔をのべよう、われわれの力にしたがって雨を降らす。これは哀歌のうちに恐れられる民、力強く、戦いに出動した。おまえの夏のくだものを手にもって行って王に申しあげた。わたしを胎内に造ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる