ふるさと納税で日本を元気に!

日浅博之さんに送る雅歌

日浅博之さんに送る雅歌は

朝になったらぶどう畑に急ぎ
見ましょう、ぶどうの花は咲いたか、花盛りか
ざくろのつぼみも開いたか。それから、あなたにわたしの愛をささげます。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アナトリア啓示

を、妻に会いましょう」と。あざける者を追放すれば争いもまた去り、かつ、パンを食べず、肉と血とは、主への奉納物を取り、池から水をくむ。その日大いなるラッパが鳴りひびき、アッスリヤの東を流れるもの。第四十年生きた。イスラエルは自分の力であって数も多く、また強すぎる。さあ、主が全天下の民に子のないもので、迷いのわざである土の器の上で互に遠く離れていて千三百人を留めおき、残りの血を飲み、わたしの知識にたよってはならなかったでしょうに』と言う人々を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる