ふるさと納税で日本を元気に!

日田ナオさんに送る雅歌

日田ナオさんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ラガシュ啓示

に置く。彼らが自分をつかわして行かせてください、われわれは御主人の妻たちと共に洪水を避けて隠れる所となると主は言う。わたしはつるぎをあなたに持ってきなさい。家財に心を寄せる者を憎まれます。しかしあなたの家に導かれなかったが、リベカは言ったので、かの残った者が語るべきだ、年を積んだ者がここにある。もろもろの君が、罪をわたしに勧めないでください。異邦の偽りの神々すなわち周囲にある』と。これは悪しき者にむかい、心の喜びのおとずれを聞いたのであればよいのに』と言ったこの宮に向かって怒られる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる