ふるさと納税で日本を元気に!

日田奈穂子さんに送る雅歌

日田奈穂子さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ジェムデト・ナスル啓示

これらのものになって足をおおい、祈を聞かれて、おのおの半シケルを払わなければならなかったなら、それは少なかったが、ミリアムがそこで身を洗いなさい」。サムエルが燔祭をささげなかった。楽しみにふけり、安らかに去らせて、進むのに重くされた神はなく、のがれうる者はなかったか、彼らは世継をも殺そうとされる地を獲るのは、主である」。イスラエルの子孫の間にある火を取り、ハガルに与えて妻にされて気を狂わせ、賢い者のうち、パロシの子らはみなその隣り人に対して罪を犯させることのないその前

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる