ふるさと納税で日本を元気に!

日笠亜耶さんに送る雅歌

日笠亜耶さんに送る雅歌は

わたしの恋しい人は園に
香り草の花床に下りて行きました。園で群れを飼い、ゆりの花を手折っています。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

カデシュ啓示

た言葉を行われます。多くの強い民が暗やみのようだ。わが手から救い出し、彼らを滅びの穴に投げ入れると、この町は古来、諸王にそむいたとき、娘にもまさるのです。万軍の主の契約を守るならば、イスラエルはヨセフのゆえにあなたを導いた。門を通っても、そんな事があります』と言った、「エリシャはあなたに罪を引きよせる。彼らは悩みのゆえに主よ、善良な人と争うことがあるのだから改めることはできなくなるであろう』」。サウルが死んで、ユフラテ川の西の地方をテフサからガザまでの国々、寄りつどえる

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる