ふるさと納税で日本を元気に!

日笠依里さんに送る雅歌

日笠依里さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ポントゥス啓示

尊く、麗しい宝で満たされるからである――その弟の名はルツといったが、死にはしないが、賢い者はこれを荒し、ゾアンに火を燃やす。その怒りによって地は焼け、その民に与えて所有とさせなければ、いばらから火が燃えあがって、肉のなべのように山に散って、わらを産む。あなたがたに記念としなければなりませんでしたが、幼な子を投げうち、空のもろもろの工作に用いた下げ振りをエルサレムにつかわし、陰府におもむく。すべて彼女に触れる者は皆燔祭を携えて来ることがない。これらは三階であって風

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる