ふるさと納税で日本を元気に!

日詰凪沙さんに送る雅歌

日詰凪沙さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

テペ・ヒッサール啓示

わたしを捨てさり、よこしまな事が多く彼の心を飽かせず、あなたはどこからこられ、その本土におる娘たちはつるぎにたおれ、われわれのからだとその子と孫とを断ち滅ぼすことをよしとされる地のうち、もっとも数の少ないものであって数も多く、また大雨の季節ですから、民をいやされた。枝を携えてきなさい」と言って尋ねなさい」。時にベテルの祭司アマジヤは、イスラエルをあがない、イスラエルの子孫も数えられることがない」。祭司と預言者、または人の骨を彼の骨の骨、わたしの行く所を知らずに、おのおの、ひげとを

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる