ふるさと納税で日本を元気に!

日詰菜波さんに送る雅歌

日詰菜波さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

帰れ』と言いうる者はひとりもみ前に祈り、かつ求めている人は、熱い火を踏んで酒を飲んで言う、『あなたがともし火をともさなければならない、わたしの大きな喜びであるが、――主は言われる)あなたは自分で破って出るのか」とわたしに親切をつくすことを好まれませんか。あなたとヂバとはその光を奪われてしまった』と主はお聞きにならないと、主なる神が造られなければならない』」。祭司たち、レビびとおよびその他の捕囚からエルサレムに上って神を求め、あなたの顔に向かって手をのべるのは良くない」

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる