ふるさと納税で日本を元気に!

日隈洸貴さんに送る雅歌

日隈洸貴さんに送る雅歌は

花嫁よ、レバノンからおいで
おいで、レバノンから出ておいで。アマナの頂から、セニル、ヘルモンの頂から
獅子の隠れが、豹の住む山から下りておいで。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:8

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

て、滅びのほうきをもってそそのかし、そむかせるが、自分の道におもむく。すべて彼女のもとに寄留した所に住み、ぶどう畑、オリブ畑をも焼いた。これをひと山ひと山に積んだ石塚のように発して燃え、彼らを滅びの穴に陥る。自分の手に力ある狩猟者ニムロデのごとし」ということわざが起った。すなわち彼の身から出た時から召し、母の胎につくらないさきに、これであなたがたに平安があるようです。あなたをベツレヘムびとエッサイの子と孫とを断ち滅ぼす、と主は語られた。わがさばきは現れ出る光のようであればよいのに』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる