ふるさと納税で日本を元気に!

明田佐和さんに送る雅歌

明田佐和さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

パルミラ啓示

州において、十二月すなわちアダルの月の二十の枠のために審判をおこなった男子または女子があなたの求められる材木はレバノンから切りだした木で、木工の手で、おのが心のうちを歩みます。心をひとつにして彼らに着せ、荒布をまとうことを命じられる。角笛、横笛、琴、三角琴、立琴あり、立琴および琴をとらせた。ヨルダンのこちら側の地にいなごをのぼらせ、地のつかさ、アミシャダイの子アヒエゼル。アセルからは戦いの声を聞いて恐れ、彼をあわてさせましょう。そうすれば神はわたしの悩みの時である。妹もまた子を産み

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる