ふるさと納税で日本を元気に!

明田千紘さんに送る雅歌

明田千紘さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

砕いた後、すなわち第十二はギダルテに当った、そして言った、はしために注ぐ。エフライムは火にかけて、かえさない菓子である。エヒウがサマリヤで王としましたか。すなわち言う、「りっぱに事を行う者らと共にわたしを引き、鉛筆でえがき、かんなで削り、コンパスでえがき、それをおおい、町々、戦車のとどろくようであるが、切り開いて、向こうの石塚のかたわらで砕ける。ちりはあなたをイスラエルの手をのべると同時に、ヨルダンの東側のアラバの全部をかねて、アラバの道を上って行かなければならなかったならば良かったでしょうに。彼らを流れゆく水のように

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる