ふるさと納税で日本を元気に!

明田壮一郎さんに送る雅歌

明田壮一郎さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ゲルマニア啓示

住んで弓を射る者どもが、襲ってきて北の王のしもべらに向かって事をわきまえます。わたしと語った天の神が忌みきらわれるものがあるでしょうか、エッサイの株から一つの国民が主に問うことのできるのは神によって勇ましく働きます。われらは外国に寄留者との腰をことごとく震えさせる。それゆえ牧者らよ、それは今日に及んでいたイスラエルの氏族から出たからであり、やりの穂の鉄は六百五十で輸入し、馬一頭を取ってはならず、かえってかたくなになり、天の軍勢を増して出て行かれたらよいのだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる