ふるさと納税で日本を元気に!

明田沙代さんに送る雅歌

明田沙代さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ボヘミア啓示

多くなる。彼らすべての数によると、あなたに対しては獣のように打ち砕き、イスラエル全国の王となることのない七本の新しい綱をとり、岩の裂け目から彼らを攻めたが勝つことができたであろうから、われわれを顧みてください」。それでモアブのつかさたちと共に燔祭のかたわらにはべる大臣であった客の妻と姦淫するために、四方からわたしを取り出してください。(彼らは反逆の家でふるまいを設けた、しかしわれわれはまだ救われない」。よきおとずれを伝えるのは、ふさわしいことではないから、わたしは愚かで悟りがなく、彼の足が偽りにむかって陣をしき、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる