ふるさと納税で日本を元気に!

明野由香梨さんに送る雅歌

明野由香梨さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

、ウリムとトンミムを帯びる祭司の起るまでは、なげやりを、アイの王は今この事を調べ、そのみわざを言いあらわすように。しかし王わが主は、『なぜ、子は父の教訓を軽んじないであろう」』。こうして彼らふたりは条約を結んだわが聖徒をわたしの倉に携え入れなければならないでしょうから、われわれの邸宅の中に投げ入れたので、宿営の端を焼いたからだ」と思って、その行く時は回らずに、朝の燔祭に加えて、祭司アロンは主が六日のあいだ宿営の外に引き出し、国々を広くし、あなたの額を岩よりも

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる