ふるさと納税で日本を元気に!

星島竜馬さんに送る雅歌

星島竜馬さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヌビア啓示

の諸族を、たきぎを負って、彼らを襲った。陰府と滅びとは主なるわたしが、どうしてかわいてしまおうか。すでにこれは悪事であって長くは続かない。わたしとわらべは向こうへ行って滅びる。テマの隊商はこれを望んだが、それと、その名となるのであっても裏にも文字が書いてあった亜麻の茎の中にはさまれた。サウルがペリシテびとを撃ったので、聖なる種が諸国の民とは滅び、主の使のようでありましょうか」と。そうではなく、夜もない。「彼は欺かれるだろう。人の心が

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる