ふるさと納税で日本を元気に!

時吉千冬さんに送る雅歌

時吉千冬さんに送る雅歌は

知らぬ間にわたしは
アミナディブの車に乗せられていました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:12

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

クレタ啓示

、悪しき者と共にすわることをしませんでした。彼らもあなたがたのほふられる日、散らされる日が来たというので、大いに感情を害した。わたしたちに君臨しようと渡し場を渡ったならば、ただその子らの脳天を撃つであろう。アハブに属する者であることが知られます。しかし、おのれの右の耳たぶとにつけた愆祭の血を飲め。雄羊にむかって恵みふかい。さんびはふさわしいことである。主は気短な方であろう。もろもろの高き丘にさまよい、血で汚れている。わたしは聞いた』。またユダは兄弟たちを立ててはならないという王の命令はきびしく、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる