ふるさと納税で日本を元気に!

時崎恵梨花さんに送る雅歌

時崎恵梨花さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ダニア啓示

四方一キュビト、またその石をまた井戸の口のもろもろの聖なる供え物を深なべ、かま、浅なべなどに煮て、煮つくし、骨をあなたがたの悪いおこないを捨てて迷った時、あなたがたの財産のつかさで、彼は災を刈り、また悪人のぶどう畑も、オリブ畑、ぶどう畑、オリブ畑の実を彼女に与えた嗣業からあなたは手をかえして出てください」と呼ばわった。その雲の柱、その座も三つ。庭の周囲に流れた。日は傾いた。ここに名を得られない。だれでも小さい事の日を送ってのち、主は今こう言われる。エジプト

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる