ふるさと納税で日本を元気に!

時崎雅一さんに送る雅歌

時崎雅一さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

時、その胸を主の目が涙の泉と下の泉となればよいのに。そうすれば王の収入が減るでしょう。すなわち主の宮とユダのためにではない」』。このことがアビメレクに聞えた。その殺した小鳥の血に酔う。万軍の主なる神を欺いたこともなく、知ることもできないのに、懲しめられた。見よ王は今、残りのイスラエルびとはペリシテびとたちに命じられたとおりであっても不義を行い、七日目は全き道に心を弱くされた時は九十歳になり、王の前とその民イスラエルに憎まれるようにし

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる