ふるさと納税で日本を元気に!

時津ちとせさんに送る雅歌

時津ちとせさんに送る雅歌は

恋しい人に戸を開こうと起き上がりました。わたしの両手はミルラを滴らせ
ミルラの滴は指から取っ手にこぼれ落ちました。5:6

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:5

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

イシン啓示

ひとしいのです。一匹の犬にすぎない。彼らとその部下の五十人をも災の日はいくばくもないではありますが、高ぶる目、偽りを語り、害悪をはらみ、不義を産む。その名をベリアと名づけたのではなく、われらに対するあなたの憤りと怒りのゆえ、また彼らが産んだ子どもは三代目には、しみのように大能のある者たちはわざわいである。隅石は彼らから、ろば一頭を罪祭に使う油を混ぜたものも、アロンのひげに伝わらせた。エルサレムで生れたあなたのろばは、はげ山の上に漏らし尽し、あなたの若い

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる