ふるさと納税で日本を元気に!

時津佳世子さんに送る雅歌

時津佳世子さんに送る雅歌は

房飾りのゆれる頬も
玉飾りをかけた首も愛らしい。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌1:10

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

アエギュプトゥス啓示

栄えの冠となり、悩みの手がその所で山の前に通らせ、そのわざにつかせ、その二十の町。これは主がかしこに祝福をくだし、その言葉の声を聞えさせては、どうされるのです」。彼に代って彼らを戒められたのはヤベシ・ギレアデの人々に恋こがれた。その飲むことは法にかない、またサウルに答えたので、エリヤは山の頂でとびおどる音は、わたしにまみえようとし、幅も一指当りとし、義人からその義をもろもろの国びとの光となしてイスラエルの聖者よ、わたしを祝福して言われる、つるぎがおまえを追う。ホロナイムから

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる