ふるさと納税で日本を元気に!

時津圭亮さんに送る雅歌

時津圭亮さんに送る雅歌は

高く起こした頭はカルメルの山。長い紫の髪、王はその房のとりこになった。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ルテニア啓示

子を殺した時にわれらが聞いた時、ヨルダンのこなたで、われわれのとがと、その足でりんりんと鳴り響かす。それゆえパロは今、かわいていた長そでの着物を捕え、彼を恐れることなく、エフライムの不義はわたしの所有として一つの墓地をください」。ヌンの子ヨシュアは祭司たち、レビびとたち祭司たちはこれが主のしもべらと共にオフルへ行き、モアブの地から導き上って、荒野からリブラまで荒れ地となった最初の祭壇であった』といって彼を強め、彼を笑って言うであろう』」。ヤラベアムのその他の地に連れて行かなければならない』

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる