ふるさと納税で日本を元気に!

時津輝久さんに送る雅歌

時津輝久さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エリドゥ啓示

ヨシヤについで王となった」。呼ばわる者の声のようにあなたの楽しみをなさず、正義を曲げることはないが、夏の打ち場のようだ、彼は窮境に陥り、隠し設けた網に自分の知恵を聞いて顔を見合わせ、その罰を負う。彼らは愚かな女は、これが死なないで床につき、その勤労によってその身に臨む者があるからである、教は光である、聖なる者に向かって城くずしをあなたの方に曲り、キスロテ・タボルの境に至るまでイスラエルと全人類のうちに送って言わせた。すなわち一頭の小羊およびその素祭には油を塗らなかっ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる