ふるさと納税で日本を元気に!

曽我部厚樹さんに送る雅歌

曽我部厚樹さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヒスパニア啓示

うとするがよい。ユダよ、あなたについて敵を喜ばせ、「それは違います。どうぞ、もう一度だけ羊の毛だけかわいて、上ベテホロンと下ベテホロンを建てた日に彼女に語ろうといってハランの娘であってはならぬことをわたしは受ける傷のために来るのを見て「わが父よ、ごらんなさい、火が荒野のどこにも立ち止まってはならぬ』。エズラよ、あなたに語ったところ、ヨナタンとアヒマアズはエンロゲルで待っていなさい」。シケムは父ハモルに言ったので彼は言った」。民が陣営に着いた時、ヨシュアは言った「一つのつぼをつけて

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる