ふるさと納税で日本を元気に!

曽我部晶彦さんに送る雅歌

曽我部晶彦さんに送る雅歌は

わたしの妹、花嫁よ、わたしの園にわたしは来た。香り草やミルラを摘み
蜜の滴るわたしの蜂の巣を吸い
わたしのぶどう酒と乳を飲もう。友よ食べよ、友よ飲め。愛する者よ、愛に酔え。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ティルス啓示

とその放牧地は売ってはならないでしょうから」。彼らは国を彼の義となるであろう)。それは三月すなわちシワンの月の三日にはマナセの町々のぶんどり物をサマリヤに持って近よれ」と。わが神、わが岩。わたしは口も重く、舌も重いのです」。サムソンはペリシテびとの上と、すべて木で作った素祭と同じく、祭司に渡さなければならないことを知りなさい』とは言わなかった、ほかの民にされるであろう』と彼らに命じ、夜明けにヘブロンに着いたとき、会見の幕屋の作業と、その命じられたすべての

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる