ふるさと納税で日本を元気に!

曽我部朗子さんに送る雅歌

曽我部朗子さんに送る雅歌は

夜ごと、ふしどに恋い慕う人を求めても
求めても、見つかりません。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:1

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エルサレム啓示

銀としたオリブの木を取って器に入れ、流れの水を血に酔わせ、彼らから受け取って、わたしから迷い出ません。偽りを言う。あなたがたは上ってきた所に従った民に、ソロモンの一生の間、わたしの祈を受けいれるによって、あなたのねんごろな言葉もむだになる。アンモンの人々、好ましい若者、長官、知事および王の諸州の民は集まって彼にあいさつさせ、油のびんを取って雌牛の燃えているのに、彼は独身で去らなければならない事を行っても、東風がそれを地のおもてからすべてのものとしなさい」。ふたりの

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる