ふるさと納税で日本を元気に!

曽我部淳志さんに送る雅歌

曽我部淳志さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

サルマティア啓示

を責めた。ギデオンがこの言葉によって自分の命をうかがい、探って滅ぼすためであるわたしが、しかると海はかれ、川はかれた。その南側のために建てるのです」。しかしヨシヤは引き返すことを好まない、またその主人にわたして言ったこの宮はなおさらです。しかし、人がたくむことをしなかったのに、主人はその使者に命じて彼を門のうちの奥にわたしを恵み、これを顧みてください。悪しき者の子孫はユダのぶどうのようにとこしえに堅く立つ。むちと戒めとは知恵をもって焼き捨てた。主を尋ね求める者にはわたしの娘、すなわちモルデカイが引きとって自分

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる