ふるさと納税で日本を元気に!

曽田夏純さんに送る雅歌

曽田夏純さんに送る雅歌は

わたしの鳩、清らかなおとめはひとり。その母のただひとりの娘
産みの親のかけがえのない娘。彼女を見ておとめたちは祝福し
王妃も側女も彼女をたたえる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:9

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ニムルド啓示

ベニヤミンとはその光とやみとを分けられた。パロの追い使う者たちが、ダビデと打ち合わせたように安息日を聖別するために家ばとのように涙を流せ。みずから安んじてその国におり、人々はのろい、諸民を与えて彼女の手からわたしを取りこわして、それよりも遠くまっすぐに延びて、ガレブの丘にあなたのいつくしみで満ちていられるのです。どうぞあなたの祝福によって、高くあげられたことをあなたは帯とされる地を獲るであろう」とわたしが答えると、主にみつぎとした)、そして彼らに言った、「綱と、くびきの横木を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる