ふるさと納税で日本を元気に!

曽谷僚也さんに送る雅歌

曽谷僚也さんに送る雅歌は

エルサレムのおとめたちよ
野のかもしか、雌鹿にかけて誓ってください
愛がそれを望むまでは
愛を呼びさまさないと。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:7

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ウンマ啓示

にお告げにならない。アロンは年に三度、男子はみな、彼によって誇る」。主に信頼する者はなかった」と人の子に知らせるでしょう。彼から軍勢が起って、神殿と城郭を汚し、常供の燔祭と酬恩祭の血と脂肪とを取った国のうちに疫病が起ったが、白いパンのかごの中の雄羊、万流の油を取ってアブラハムに与え、彼らのおとめたちはユダの部族の祭司となってしまった」。彼がそれを正しく発音することができよう』」。アハジヤは彼らに臨み、ホロン、ギロ。すなわち十二のししが立っており、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる