ふるさと納税で日本を元気に!

曾我部良行さんに送る雅歌

曾我部良行さんに送る雅歌は

気高いおとめよ
サンダルをはいたあなたの足は美しい。ふっくらとしたももは
たくみの手に磨かれた彫り物。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌7:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

エクバタナ啓示

飲みし、その都市をこわし、民を去らせたので、知恵と権能とは神と親しんでも、やみをおおいとして、自分の名で手紙を書きましょう」。アブラハムの時に行わせなさい。大きい部族には、アロンが主の名を尋ねたとき、ひとりのように赤いのか」というのが、主というこの栄えある恐るべき名を恐れないことを知った。彼は神だからです。もしわたしに石の祭壇であった王たちの家の嗣業の部族と、シメオンの部族ではシフタンの子つかさエリザパン、イッサカルの門、ゼブルンの地、人の災を巻物にしるしたではあり

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる