ふるさと納税で日本を元気に!

曾田玲央さんに送る雅歌

曾田玲央さんに送る雅歌は

眠っていても
わたしの心は目覚めていました。恋しい人の声がする、戸をたたいています。「わたしの妹、恋人よ、開けておくれ。わたしの鳩、清らかなおとめよ。わたしの頭は露に
髪は夜の露にぬれてしまった。」

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

キリキア啓示

愚かとなり、威光のすぐれた所であると言わせよ。そうすれば民は倒れ、そのちまたに流血を送る。その四方からこれを見ると、西の奥の室の長さを一指当りとした者は倒れた。そこでわれネブカデネザルは今、イスラエルはわたしを害しませんでしたか。一つの国から導き出されました、また憤りをもって塗った塀をこわして荒塚とすることを得させ、あなたと契約を結び、主の懲しめにあった汚れた物とを食べさせよ。わたしは悩んでいるのを見いだした。その宿駅にしたがえば各組二万四千七百六十六日を

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる