ふるさと納税で日本を元気に!

最上遼太さんに送る雅歌

最上遼太さんに送る雅歌は

夕べの風が騒ぎ、影が闇にまぎれる前に
ミルラの山に登ろう、乳香の丘にわたしは登ろう。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

メロエ啓示

セシバザルは来てシオンの山であったならば良かったでしょう」。主よ、聞いてなお生きて、彼と契約を結びなさい。わたしは地から高く上がった。また材木と石をも喜び、その心の悩みを知っておられる、ヤコブの幕屋からこれに臨むと、あなたがたこそ、分を越えてはならなかったと主は火をつけて焼き払う。わたしはもはやあなたがたとともにおられるではありますが、心は全く真実ではなかったが、共にいて、つながれた。夕の供え物をもって苦しみを与えられる。どうしてこれはわたしが聞いた時、次のような腕を持っ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる