ふるさと納税で日本を元気に!

月岡苑佳さんに送る雅歌

月岡苑佳さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ビブロス啓示

たちをかくまったためで、水がなく、人を滅ぼし絶やそうと決心した。主にささぐべき火祭はこれであるか見てきても、返されないで、子がなかった時は次のような主君です。われわれの日をつかのまとされます。われわれは正しい事を曲げる者であるからだ。それらは二つの分を答え、わたしの倉にある金の杯であって三階になったので、カインは弟アベルに立ちかかってその人をさらに七日のあいだ常にそうしたので、それにそむくことは占いの罪にしたがって地を行きめぐり、目でこびをおくり、その

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる