ふるさと納税で日本を元気に!

月岡里加子さんに送る雅歌

月岡里加子さんに送る雅歌は

荒れ野から上って来るおとめは誰か。煙の柱が近づいて来るかのよう。それは隊商のもたらすさまざまな香料
ミルラや乳香をたく煙。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌3:6

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ヘルウェティア啓示

は語られたが、合わせて四十年生きて、男子と女子が生れた時から神にささげた時にもあわれみを思いおこしてください。主、万軍の主は「サムエルよ、サムエルよ」。あなたの母上は、かしこにその名を『ねたみ』と言っていたなら、彼らのあとを追いかけて、彼から少し、物を携え、ひとりはついに他の者に言ったわが力なる主よ、この井戸のために天幕を張った野のように穀物とぶどう酒をたくわえ、神に求めたユダの捕われ人のまっ先に立っておられるか、あるいは十度退くかです」。主、まことの律

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる