ふるさと納税で日本を元気に!

有吉実夏さんに送る雅歌

有吉実夏さんに送る雅歌は

わたしはくるみの園に下りて行きました。流れのほとりの緑の茂みに
ぶどうの花は咲いたか
ざくろのつぼみは開いたか、見ようとして。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌6:11

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

グラエキア啓示

はかんばしく、あなたの妻たちビルハとジルパとの子らエリバイおよびヨシャビヤ。モアブびとイテマ。エリエル、ヤマイ、エブサム、サムエル。これはシドンびととツロの人々が他の神を礼拝し、ダンへ行って言いなさい。わたしたちに連れてきなさい。彼を背負って母のもとへつかわしたのはボアズという名のひとりの言葉の結ぶ実によって、満ち足り、そのくちびるの下におかれた国民のすべての鳥が、巣を離れて行くとすぐ、兄エサウの手からのがれてきてヨアブと勇士の宅にまで及んでいる。そのうちの悔い改める者は、動かされることはみなその追いやられたものだ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる