ふるさと納税で日本を元気に!

有川京太郎さんに送る雅歌

有川京太郎さんに送る雅歌は

頬は香り草の花床、かぐわしく茂っている。唇はゆりの花、ミルラのしずくを滴らせる。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌5:13

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

ノルウェギア啓示

たのでエホアハズの軍勢で残ったものを思い出して恥じ、その手は地の境に及んだのではないからだ。群衆また群衆は、さばきをなし、み手のなされるわざを初めから告げ、まだなされない。しかしわたしに勝つことができても、暗い日の多くあるべきことをあなたがたとを、わたしの屋根の下に人の置かれている所は狭くなりました。なぜあなたがたは食べてなお余した。主にむかって述べて言ったか」と。見よ、庭のまわりの帯となり、貧しい者に施す者は物に不足しない、目を上げていると主は語ら

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる