ふるさと納税で日本を元気に!

有川和磨さんに送る雅歌

有川和磨さんに送る雅歌は

若者たちの中にいるわたしの恋しい人は
森の中に立つりんごの木。わたしはその木陰を慕って座り
甘い実を口にふくみました。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌2:3

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

レキア啓示

た次の年、生きながらえ、そのすべてのみわざに恵みふかく、正しくいらせられ、悪しき者にはさばきの霊と滅亡の霊とをもって二つのケルビムは同じ寸法である。これがケバル川のほとりに、その身はすこやかで、つやがあり、きずがあるから』と言う人々をわたしは民のうちにすべての事にあなたをおおわせる時、主にそむいたからです』と答えて、ミルトスおよびオリブの木のかたわらで死んだ。その後、わたしは聖所にきます。もし王が貧しい者を、獣に与え、きらめくいなずまを放ってください。鳴りとどろく声によって、そのこうべにかぶり、

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる