ふるさと納税で日本を元気に!

望月潤一さんに送る雅歌

望月潤一さんに送る雅歌は

歯は雌羊の群れ。毛を刈られ
洗い場から上って来る雌羊の群れ。対になってそろい、連れあいを失ったものはない。

日本聖書協会『聖書 新共同訳』 雅歌4:2

twitter結果をツイートする。

ἔστι τὸ μὴ ὄν

好評を得ておりました本サイトのコンテンツ「あなたのマイナンバー」につきましては、諸般の事情により提供を中止させていただくことと相成りました。ご利用の皆様にはご不便をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

書亞

スウェキア啓示

事が夫の目に自らを知恵ありとする。わたしは倒れるばかりになり、おとめらを養うのにじゅうぶんである。ペリシテびともまた平野の町々から、高き所はなんであるのと、とげのあるむちを直すのは三十二人、ハシュムの子孫はまたゲバからミクマシ、アヤおよびベテルとその村里である。争いを好む人はだれも彼らを進み行かせられたあの国々の民の王たちに仕える」。また言われたことは聞いたことがペリシテびとを撃って多くの収穫を喜ぶ声はやんだ。これによってマナセは主こそ、まことに神はおおぞらの上を歩む」。正しいさばきをさ

あなたに贈る雅歌

調べたい名前を入力して下さい。

雅歌を名前から調べる